メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡、熊本両市がパートナーシップ相互認証へ 引っ越しても有効「便利だし画期的」

福岡市役所=福岡市中央区で2019年2月24日、森園道子撮影

 LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーとして公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」を導入している福岡市と熊本市は、当事者のカップルが両市間で転居した場合でも資格を引き継げるようにすることで合意した。従来必要だった再手続きの負担をなくし生きやすさを高める狙い。30日発表し運用を開始する。同種のパートナーシップ制度は全国約30自治体で導入されているが、こうした取り組みは初めて。

 福岡市は昨年4月、熊本市は今年4月からパートナーシップ宣誓制度を開始。20歳以上で結婚していないな…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです