メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ヒグマは人間を映す鏡」危険な森へ分け入る研究者

ヒグマが出没した周辺の森林で調査する間野勉さん=札幌市南区で2019年9月28日、竹内幹撮影

 ヒグマの生態と保護管理を研究する道立総合研究機構環境科学研究センターの間野勉さん(59)は1979年、実家の東京を離れて北海道大学に入学。都会育ちの反動で自然や動物に興味を持ち、目をつけたのが道内にだけ生息するヒグマだった。国内の大学で唯一研究しているサークル「ヒグマ研究グループ」に入り、調査に必要な体力や判断力、調査方法の基礎を身につけた。

 道内の森林に何度も足を運ぶようになり、生態を解明する生息状況などのデータの少なさとともに痛感したのが、研究やヒグマとの共存は人間の地域社会と密接に関係していることだった。

この記事は有料記事です。

残り1490文字(全文1749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 中日・京田選手が急逝した後輩の「背番号6」 NTT西の試合観戦 都市対抗

  5. NTT西のベンチに背番号6のユニホーム 亡きチームメートに誓った勝利 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです