メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「暴れ川」氾濫被害の宮城・大郷町 犠牲者ゼロの理由

決壊した堤防を指し示す高橋精男さん=大郷町で2019年10月24日午後1時40分、竹内麻子撮影

 台風19号で多くの川が氾濫し多数の犠牲者を出す中、宮城県大郷町では、町内の堤防が決壊したにもかかわらず、犠牲者が一人も出なかった。どんな背景があったか。現場を歩くと、その理由が見えてきた。【竹内麻子】

 家屋の窓ガラスは割れて家財が散乱し、アスファルトはめくれ上がっていた。吉田川沿いの中粕川地区。修復作業が進む堤防を見ながら、近くに住む元区長の高橋精男(あきお)さん(71)がつぶやいた。

「なんとかもってくれと祈ってたけど、切れ(決壊し)ちゃったね」

 人口約8000人の町内を横切るように流れる吉田川。奥羽山脈から石巻湾に流れ込む鳴瀬川の支流で、国の1級河川に指定されている。大雨が降ると一気に水量が増えるため、地元では「暴れ川」と呼ばれる。台風19号により宮城県内で死者19人を出したが、町内では犠牲者はいなかった。あの時、住民はどう動いたか。

 町から「避難準備・高齢者等避難開始」情報が出たのは12日午後2時過ぎ。地元消防団が避難を呼びかける中、高橋さんも1人暮らしの家を回り、約1・8キロ離れた高台にある避難所「大郷幼稚園」へ行くよう促した。105世帯311人のうち、支援が必要な数世帯は頭に入っている。避難指示が出たのは午後11時過ぎだが、「何度も訓練してきたので、ほとんどの人たちが徒歩や車で明るいうちに避難した」と振り返る。

 自身も住民を避難させた後、車で別の避難所へ。未明にじわじわと上昇する川の水位を調べていた。

 13日午前7時50分、吉田川の堤防が完全に決壊し、広い範囲が浸水。区内では深い所で3メートルに及び、ほぼすべての家屋で床上・床下に及んだ。ただ、9割以上の住民は事前に…

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

  4. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  5. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです