メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成新山「溶岩ドーム崩落の危険性依然続く」 九大など調査

立ち上る噴気の温度を調べる九大の火山研究者ら=近藤聡司撮影

 九州大学地震火山観測研究センターの研究者や行政の防災関係者ら約80人が28日、雲仙・普賢岳の噴火で誕生した平成新山(1483メートル)の頂上で、不安定な状態で堆積(たいせき)している溶岩ドームの変化を調査した。同センターは「噴火の兆候はないが、溶岩ドーム崩落の危険性は依然続いている」と注意を呼びかけた。

 年2回実施している視察登山で、毎回参加する島原、雲仙両市や警察、消防などと情報を共有している。一般登山者が立ち入れない警戒区域内のルートを山頂まで登り、溶岩の隙間(すきま)から上がる噴気(水蒸気)の温度を調べた。

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです