メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号、それたのになぜ被害?気象予報士記者が読み解く

台風と低気圧から流れ込んだ暖かく湿った空気が千葉県付近で激しくぶつかって雨雲を発達させた

[PR]

 ほんの2週間と少し前に台風19号が襲い、被害の復旧もままならないところに、25日の大雨で千葉県を中心に再び被害が広がりました。川があふれ、土砂崩れが起こって、再び尊い命が奪われる大災害となってしまいました。

 今回は台風21号が日本の南東を北上してはいましたが、台風19号のように直撃ではありませんでした。なのに、なぜ半日で10月の1カ月分以上の雨が降ったのでしょう。それは東海道沖を東に進む低気圧に大きな原因があります。この時期に日本付近を通過する低気圧というと、前線を伴った低気圧を思い浮かべます。今回の低気圧は23日に東シナ海で発生し、前線を伴うこともなく日本の南海上を進んで来ました。

 前線があると「雨雲が来るな」と注意を払います。しかし、前線がないとたいしたことないように見えてしまいます。でも、この低気圧は前線はありませんが、海上から水蒸気がたっぷりと補給され、上空に寒気を伴っていて、低気圧の周辺では雨雲が発達して、大雨や突風をもたらすことがある、やっかいものだったのです。

 この低気圧の通過に合わせるように、台風21号も北上して、台風から暖かく湿った空気が送り込まれたことから、台風からの東風と低気圧を回り込む南風が、千葉県付近でぶつかって雨雲が発達し、さらに上空の寒気によって、雨雲が猛烈に発達したと考えられます。今回のようなケースは、いつ、どこで、どれだけ降るのかという予想が難しく、不意をつかれるため、災害につながりやすく、たいへん恐ろしいのです。【鮫島弘樹】(気象予報士・写真部)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです