メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪前に「最高の」心地よさを 東海道新幹線N700S内部公開

[PR]

「N700S」確認試験車(手前)と現在営業車として使われているN700A。N700Sは運転席下まで車体側面の青いラインが描かれている=愛知県豊橋市のJR豊橋駅で2019年10月30日午前11時半、内林克行撮影
東海道新幹線の新型車両「N700S」のロゴマーク=愛知県豊橋市のJR豊橋駅で2019年10月30日午前11時20分、内林克行撮影

 JR東海は30日、2020年7月に営業運転を始める予定の東海道新幹線の新型車両「N700S」を東京―豊橋間で走行させ、報道陣に公開した。

 「S」は「最高の」を表す「Supreme」の頭文字。13年2月に営業運転を始めた現在の車両「N700A」に比べ、快適な座り心地のシートを採用した。全席でコンセント、全号車でWi-fiが利用できる。停車駅が近づき、アナウンスが流れると、荷棚の照明が明るくなり、荷物の置き忘れに気付くようにした。

 客室内の防犯カメラを1両あたり2台から6台に増設し、異常時に乗務員や指令所と連絡を取れる通話装置を現行車両のデッキから客室自動ドア横に移し、安全性の向上を図る。23年度からはデッキに特大荷物コーナーを設置する。

 車体のデザインは、ロゴマークと先頭車両の形状が現行車両と若干異なるが、白の車体に青のストライプは変わらない。

 ATC(自動列車制御装置)とブレーキシステムを改良し地震時のブレーキ距離を短縮した。床下の機器の小型化と配置の見直しによって高速鉄道では初となるリチウムイオンバッテリーを搭載し、長時間の停電でトンネル内や橋の上で停止した際、安全な場所まで自走できるようになるなど、新技術が取り入れられている。

 国内では16両編成で運行するが、海外展開を念頭に8両編成や12両編成にも柔軟に対応できる。

 6月の走行試験では、東海道新幹線では初めて時速360キロに達したが、営業運転での最高時速はこれまでと同じ時速285キロとなる。【平井桂月】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです