メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最澄もゲゲゲ? 比叡山が鬼太郎とコラボ 初公開「大書院」に妖怪画勢ぞろい

大書院内で開催されている絵画展「ゲゲゲの鬼太郎と比叡山の七不思議」の作品=大津市坂本本町の比叡山延暦寺で2019年10月11日、諸隈美紗稀撮影

 2021年に天台宗の開祖、最澄(伝教大師)の没後1200年を迎えるのを前に、比叡山延暦寺(大津市坂本本町)にある国の登録有形文化財「大書院」が特別公開されている。普段は非公開だが、一般公開は初。大書院内では比叡山に伝わる七不思議と、漫画家・水木しげるさん(1922~2015年)の代表作「ゲゲゲの鬼太郎」がコラボした絵画展も開催。前期は31日まで、後期は11月6日~12月8日。前後期の間は別のイベントのため、休館する。

 大書院は書院造りの木造2階建てで、総面積は約940平方メートル。唐破風の車寄せのある玄関や大広間などを備え、国賓の休憩所や、延暦寺の重要行事の際に使われている。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 東京都内で401人の感染確認 400人以上は4日ぶり 新型コロナ

  5. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです