特集

公文書・加計学園問題

毎日新聞デジタルの「公文書・加計学園問題」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

首相の危機を救い文科相に駆け上がった萩生田氏自身の「身の丈」を探る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院文部科学委員会の冒頭、大学入学共通テストで導入される英語民間試験に関する自身の発言について陳謝し、着席する前に一礼する萩生田光一文部科学相=国会内で2019年10月30日午前9時1分、川田雅浩撮影
衆院文部科学委員会の冒頭、大学入学共通テストで導入される英語民間試験に関する自身の発言について陳謝し、着席する前に一礼する萩生田光一文部科学相=国会内で2019年10月30日午前9時1分、川田雅浩撮影

 大学入学共通テストで導入予定の英語民間試験について、萩生田(はぎうだ)光一文部科学相が「自分の身の丈に合わせて勝負してもらえれば」と発言。格差を容認するかのような表現に、ネット上などでは批判が噴出し、萩生田氏は「説明不足な発言だった。おわび申し上げたい」と陳謝した。安倍晋三首相の側近として知られる萩生田氏とは、どういう人物なのか。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2108文字(全文2294文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集