メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「求む、初代社長の肖像」 130周年を前に 東海汽船

東海汽船の早川佳男・社史編纂室長=米田堅持撮影

 東京の離島と本土を結ぶ東海汽船が、15日の創立130年を前に初代社長である前田清照の写真を探している。

 関東大震災や第二次世界大戦中の空襲などによる3度の火災や移転もあって、創業の原点でもある初代社長の写真など古い資料が完全な形で残っていないためだ。【米田堅持】

渋沢栄一の構想で創立

 東海汽船は、実業家・渋沢栄一の構想で1889年11月14日、東京湾で運航していた海運会社4社が合併してできた「有限責任東京湾汽船会社」がルーツ。営業を開始した15日を創立記念日にしている。初代社長の前田について、社史編纂(へんさん)室の早川佳男室長は「元首相の黒田清隆と欧米視察旅行をするなど同郷で親しく、当時としては、かなりの有力者だった。だが、前職の北海道開拓使、共同運輸、日本郵船、イリス商会などをあたったが、写真は見つからなかった」と説明。「東海汽船80周年の1969年に80年史を制作するため初代、3代社長の写真を探したが、見つからなかった。今回、3代目社長が…

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文1070文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです