大学入試の英語民間試験は何が問題なのか 文科相「身の丈」発言で与党に延期論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大学入試センター試験に代わり来年度から始まる大学入学共通テストで活用される英語民間試験を巡り、「身の丈に合わせて勝負を」と発言した萩生田光一文部科学相は30日、衆院文科委員会で発言について謝罪した。高校現場から「経済・地域格差に不安が残る」として異例の反対論がわき起こる中、感情を逆なでしかねない失言に政府・与党は沈静化に躍起だが、一部延期論も浮上している。

失言の萩生田氏は首相側近 批判は政権を直撃

 「国民の皆さま、特に受験生の皆さまに不安や誤解を与えることになり、おわびする」。萩生田氏は30日の文科委で改めて陳謝した。浮上している試験の延期論については「2020年度からの円滑な実施に向けて全力で取り組みたい」と予定通り実施する意向を繰り返したが、「仮に今より混乱が進む事態が確認できれば、考えなくてはならないという気持ちもある」とも述べ、含みを持たせた。

 今回の対応を誤れば政権への打撃になりかねない。自民、公明両党の幹事長、国会対策委員長は30日、東京都内で会談し、受験生や関係者に不安を与えることのないよう対応するよう文科省に求めることで一致。自民の森山裕国対委員長が…

この記事は有料記事です。

残り1757文字(全文2248文字)

あわせて読みたい

注目の特集