メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「日本代表選手を勝たせたい」パラ金の元ドイツ義足ランナー・ポポフさん熱心指導

千葉県で25日に開催されたランニング教室で、山本篤選手(右)と共にスポーツ義足の使い方を指導するハインリヒ・ポポフさん=千葉県浦安市で2019年10月25日午後4時16分、岩壁峻撮影

 パラリンピックの陸上日本代表に心強い「援軍」が現れた。ドイツ代表の義足ランナーとして金メダルに輝き、昨年現役引退したハインリヒ・ポポフさん(36)。今年、陸上日本代表のテクニカルアドバイザーに就任し「全ての経験を伝えたい」と意気込んでいる。

 ポポフさんは骨肉腫のため9歳で左脚の膝下を切断した。ドイツは障害者スポーツの先進国であり、13歳で陸上を始めた。パラリンピックには2004年アテネ大会から4大会連続出場。12年ロンドン大会は100メートルで、16年リオデジャネイロ大会は走り幅跳びで金メダルを獲得し、昨年、競技生活を終えた。

 ポポフさんは現役時代の17年2月に義肢装具士の資格を取得。今年から義足製作を手がけるドイツの大手総合福祉機器メーカー「オットーボック」の社員として、義足利用者向けのランニング教室で世界中を飛び回る。選手経験を生かし、義足の開発者と利用者をつなぐ「トランスレーター(通訳)」になるのが自身の役割だと語る。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  3. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです