メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安田賢治のここだけの話

来年入試でも学部人気は情報系か?!

[PR]

 文系学部の人気が高く、理系学部の人気が低い“文高理低”は2015年から始まった。それまでは医療系を中心に理系学部の人気が高かった。文系人気が復活したのは、リーマン・ショックによる不況から脱し、企業の採用が活発になってきたからだ。

     ところが、今年、前年比で最も志願者が増えた系統は国公立大、私立大ともに情報系だった。AI(人工知能)やロボット、ビッグデータなどが話題になっている。そのため、これからの社会で必要になる情報系に関心が集まったとみられる。就職に結びつくデータサイエンティストが不足していることも人気を呼んだ一因だろう。20年度から始まる新学習指導要領で、小学校1年生からプログラミング教育が必修になることもある。

     今夏、全国約2000の進学校進路指導教諭にアンケートを行い、生徒に人気の学部を聞いたところ(858校から回答)、トップは今年と同じ「情報系」で66.5%だった。進路指導教諭のおよそ3分の2が人気になると見ている。次いで「国際系」53.0%、「経済系」46.8%、「経営系」36.1%、「看護」31.9%となった。以下「外国語」「工学系」「心理系」「医療技術系」の順だ。理系の人気も高まっているが、文系の人気も根強く、来年はまさに文理融合の学部が人気となりそうだ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

    2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

    3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

    4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

    5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです