メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッション・ウィーク東京 2020年春夏 東京コレクション 日常にある新たな美

 ファッション・ウィーク東京(FWT、日本ファッション・ウィーク推進機構主催、毎日新聞社など協賛)が14~20日、東京・渋谷を中心に開催された。国内外の約40ブランドが2020年春夏物の新作を発表した中核行事の東京コレクションでは、日常や定番を見つめ直し、既存の物に新たな価値を見いだすデザイナーたちの動きが目立った。【野村房代、椋田佳代、大沢瑞季】

 軍服や作業着の要素を、洗練された女性服に落とし込む手腕に定評があるハイク(吉原秀明、大出由紀子)。今季はトラッドなアイテムをアレンジしたルックが印象に残った。丈が極端に長く両脇が開いたチルデンニットや、シフォンを重ねてフェミニンなワンピースにコーディネートしたバスクシャツを発表。陳腐になりがちなアイテムを、隙(すき)のないシルエットで刷新させた。

この記事は有料記事です。

残り1348文字(全文1698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです