メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・食べる・つながる

茨城・つくばヤーコン ほんのり甘く栄養満点 隠れたスーパーフード /東京

つくばエクスプレスつくば駅構内の土産店「つくばの良い品」。市内の物産品を取り揃え、ヤーコン生芋や加工品も販売している=馬渕晶子撮影

 ヤーコンは南米アンデス地方原産のキク科の根菜で、とても栄養価が高い。今話題の「スーパーフード」としても推奨されている。どんな形でどんな味なのだろう――。茨城県つくば市の畑を訪ねた。【馬渕晶子】

 訪れたのは、石島繁さん(68)の畑。ヤーコンが複数の太い茎を伸ばし、ヒマワリのような葉をつけていた。石島さんは同県阿見町のNPO法人「日本ヤーコン協会」副理事長を務め、ヤーコンの普及にも取り組んでいる。

 11月以降の収穫期には茎は直径4センチ、高さ2メートル近くまで育つという。茎を引き抜くと、サツマイ…

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです