特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

ぐるっと東日本・食べる・つながる

茨城・つくばヤーコン ほんのり甘く栄養満点 隠れたスーパーフード /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
つくばエクスプレスつくば駅構内の土産店「つくばの良い品」。市内の物産品を取り揃え、ヤーコン生芋や加工品も販売している=馬渕晶子撮影
つくばエクスプレスつくば駅構内の土産店「つくばの良い品」。市内の物産品を取り揃え、ヤーコン生芋や加工品も販売している=馬渕晶子撮影

 ヤーコンは南米アンデス地方原産のキク科の根菜で、とても栄養価が高い。今話題の「スーパーフード」としても推奨されている。どんな形でどんな味なのだろう――。茨城県つくば市の畑を訪ねた。【馬渕晶子】

 訪れたのは、石島繁さん(68)の畑。ヤーコンが複数の太い茎を伸ばし、ヒマワリのような葉をつけていた。石島さんは同県阿見町のNPO法人「日本ヤーコン協会」副理事長を務め、ヤーコンの普及にも取り組んでいる。

 11月以降の収穫期には茎は直径4センチ、高さ2メートル近くまで育つという。茎を引き抜くと、サツマイモのような乳白色の塊根の束が出てきた。アントシアニンの含有量の違いで薄いオレンジ色や黄みがかった紫色の品種もある。店頭に並ぶサイズは200~300グラムが目安だ。

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1357文字)

あわせて読みたい

注目の特集