特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

社会人野球日本選手権

三菱日立、投打がっちり 零封リレーで振り切る /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本新薬-三菱日立パワーシステムズ】一回裏三菱日立パワーシステムズ無死、八戸が内野安打を放つ=京セラドーム大阪で、猪飼健史撮影
【日本新薬-三菱日立パワーシステムズ】一回裏三菱日立パワーシステムズ無死、八戸が内野安打を放つ=京セラドーム大阪で、猪飼健史撮影

 第45回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第6日の30日、1回戦で三菱日立パワーシステムズが日本新薬(京都)と対戦した。両チーム無得点で迎えた五回に常道翔太主将の本塁打で均衡を破ると、七回には河野凌太選手が2点適時三塁打を放ち追加点。投げては先発・浜屋将太投手が7回無失点の好投を見せ、日本新薬を零封リレーで振り切った。2回戦は11月1日の第3試合で、今年7月の都市対抗で惜敗したトヨタ自動車(愛知)と対戦する。【木下翔太郎】

 三菱日立の先発は西武からドラフト2位で指名された浜屋投手。「リズム良くストライク先行でいけた」と直球にスライダー、チェンジアップを低めに集め、四回まで一人の走者も許さない完璧な投球を見せる。五回に先頭打者に二塁打を打たれ、初めて走者を出したが、後続の3人をしっかりと抑え、相手に流れを渡さなかった。

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1199文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る