メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞鶴・満願寺跡 鎌倉~室町、遺構見つかる 府埋文センター「変遷たどれる史料」 /京都

満願寺跡で創建期の建物の遺構などが確認された=舞鶴市万願寺で、行方一男撮影

 舞鶴市万願寺の満願寺跡(まんがんじあと)で、創建期の鎌倉時代から室町時代の3時期にわたって造営された礎石建物や石組み溝などが確認された。府埋蔵文化財調査研究センターが30日発表した。創建時の満願寺の遺構が見つかるのは初めて。埋文センターは「中世創建の伝承を持つ寺院は多くあるが、発掘調査によってその変遷をたどれる事例は少なく、舞鶴の中世寺院の変遷を考察する上では貴重な成果」と話している。【行方一男】

 埋文センターによると、満願寺は鎌倉時代の建保年間(1213~1219年)に弁円上人によって創建され…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです