メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

れいわ、減税へ地ならし 立憲警戒 国民、共産は秋波 研究会設立

れいわ新選組と野党各党との関係

 れいわ新選組の山本太郎代表は30日、野党の有志議員と「消費税減税研究会」を設立した。次期衆院選で野党共闘の条件に掲げる「税率5%への消費税引き下げ」に向け、野党各党の機運を高める狙いだ。消費減税に国民民主、共産両党は前向きだが、立憲民主党は慎重な立場。れいわとの距離感で野党内に差が生じている。【浜中慎哉、野間口陽、東久保逸夫】

 山本氏は国会内で開いた同会の設立総会の冒頭、「政権交代にたどり着かないのは、野党の経済政策が甘いからだ。(次期衆院選は)消費税率5%で力を合わせられないか」と訴えた。共同呼びかけ人の馬淵澄夫元国土交通相(無所属)も「減税を野党結集の旗印とすべく議論したい」と強調した。同会には、国民11人▽立憲3人▽れいわや無所属8人――の計22人が出席した。

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文970文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 一転して医療崩壊の危機 集団免疫獲得とも取り上げられた都市で「第2波」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです