メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FCA・PSA統合交渉 実現なら世界4位

 欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とフランス大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)は30日、経営統合に向けた交渉を進めていると発表した。実現すれば、販売台数は870万台規模となり世界4位に浮上する。

 両社はそれぞれ、「世界をリードする自動車グループをつくるために議論している」とするコメントを出した。統合で経営基盤を強化し、電気自動車や自動運転など次世代技術の開発を進めるのが狙いとみられる。北米が強いFCAと欧州が基盤のPSAが統合すれば、販売面…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです