メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

パラリンピック300日前 日本パラ界に追い風 独メダリスト、陸上アドバイザーに

ハインリヒ・ポポフさん=千葉県浦安市で2019年10月25日、岩壁峻撮影

 パラリンピックの陸上日本代表に心強い「援軍」が現れた。ドイツ代表の義足ランナーとして金メダルに輝き、昨年現役引退したハインリヒ・ポポフさん(36)。今年、陸上日本代表のテクニカルアドバイザーに就任し「全ての経験を伝えたい」と意気込んでいる。

 ポポフさんは骨肉腫のため9歳で左脚の膝下を切断した。ドイツは障害者スポーツの先進国であり、13歳で陸上を始めた。パラリンピックには2004年アテネ大会から4大会連続出場。12年ロンドン大会は100メートルで、16年リオデジャネイロ大会は走り幅跳びで金メダルを獲得し、昨年、競技生活を終えた。

 ポポフさんは現役時代の17年2月に義肢装具士の資格を取得。今年から義足製作を手がけるドイツの大手総合福祉機器メーカー「オットーボック」の社員として、義足利用者向けのランニング教室で世界中を飛び回る。選手経験を生かし、義足の開発者と利用者をつなぐ「トランスレーター(通訳)」になるのが自身の役割だと語る。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです