メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立、工期通りに JSC、来月30日完成発表

工事が進む新国立競技場=東京都新宿区で2019年9月25日、本社ヘリから丸山博撮影

 日本スポーツ振興センター(JSC)は30日、2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)が工期通り11月30日に完成すると発表した。設計・監理費を含めた整備費は1546億円で、消費増税などによる価格上昇分を加えても上限の1590億円(工事費1550億円、設計・監理費40億円)以内に収まる見通し。

 JSCによると、新国立競技場はほぼ完成し、最後の検査作業を残すのみ。30日に建設工事を請け負う大成建設などの共同企業体(JV)からJSCへ引き渡しを行う。

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「笑点」公開収録を当面中止 新型コロナ感染拡大影響で 日本テレビが発表

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 世界最高齢117歳・福岡の田中さんが聖火ランナーに 車いすで参加か

  4. 「死ぬ気がせん」116歳田中カ子さんにケーキ 敬老の日を前に 最高齢ギネス認定

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです