メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園詐欺事件 籠池夫妻、懲役7年求刑 大阪地裁公判

求刑を受けて、記者会見する籠池泰典被告(手前)と諄子被告=大阪市北区で2019年10月30日午後5時13分、小出洋平撮影

 学校法人「森友学園」(大阪市)を巡る補助金詐欺事件で、詐欺などの罪に問われた前学園理事長、籠池泰典(66)と、妻諄子(62)の両被告の論告求刑公判が30日、大阪地裁(野口卓志裁判長)であり、検察側は「夫婦が一体となり、税金で賄われる補助金をむさぼった」と批判し、いずれも懲役7年を求刑した。弁護側は改めて無罪を主張して結審し、判決は来年2月19日に言い渡される。

 裁判は今年3月に始まり、15回の公判が開かれた。検察側は論告で、小学校の校舎建設に対する国からの補…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 秋元衆院議員、元秘書周辺を捜索 任意で事情聴く 東京地検

  5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです