「国民の信頼を守るため。今朝、決断」 河井法相辞任 一問一答

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相に辞表を提出後、記者団の質問に厳しい表情で答える河井克行法相=首相官邸で2019年10月31日午前8時28分、川田雅浩撮影
安倍晋三首相に辞表を提出後、記者団の質問に厳しい表情で答える河井克行法相=首相官邸で2019年10月31日午前8時28分、川田雅浩撮影

 河井克行法相は31日午前、安倍晋三首相に辞表を提出した後、記者団の取材に応じた。主な内容は以下の通り。

記者 首相官邸を訪れた理由は。

河井氏 法務大臣の辞表を安倍晋三内閣総理大臣に提出し、ご了解いただいた。法務大臣は大変、重い役職だ。一部の報道に接したばかりだが、今回の件は私も妻も全くあずかり知らないことだ。私としては法令にのっとった政治活動、選挙活動を行っていると信じている。今後、しっかりと調査して説明責任を果たしていきたいと考えている。

 しかし、その確認、調査を行う間、国民の法務行政への信頼は停止してしまう。たとえ一分一秒たりとも法務行政に対する国民の信頼が損なわれてしまってはならないと考え、妻と相談したうえ、一晩じっくり考え、今朝、決断した次第だ。

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文998文字)

あわせて読みたい

注目の特集