メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「説明なき」辞任、法相と経産相 野党「一切国会で釈明せぬ政府」批判

記者団を前に河井克行法相の辞任について陳謝し頭を下げる安倍晋三首相=首相官邸で2019年10月31日午前9時6分、川田雅浩撮影

 河井克行法相(56)=自民党、衆院広島3区=は31日、閣僚を辞任した。7月の参院選で初当選した妻の案里参院議員(46)=同、参院広島選挙区=の陣営が、車上運動員に法定上限を超える報酬を支払ったとする同日発売の週刊文春の報道が理由。後任には森雅子元少子化担当相(55)=同、参院福島選挙区=が就いた。25日には菅原一秀衆院議員が「政治とカネ」の問題を巡って経済産業相を辞任。7日間で閣僚2人が国会での説明をしないまま辞任する事態が続き、野党は反発を強めている。

 新法相の森氏は当選3回。第2次安倍内閣で少子化担当相として初入閣し、2013年成立の特定秘密保護法…

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです