メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本政府は抗議 韓国も強い憂慮 北朝鮮が飛翔体2発 EEZ外に落下

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=AP

 韓国軍合同参謀本部は10月31日午後4時35分(日本時間同)と同38分ごろ、北朝鮮が平安南道(ピョンアンナムド)順川(スンチョン)市付近から日本海に向け飛翔(ひしょう)体を2発発射したと発表した。日本の防衛省によると、落下地点は日本の排他的経済水域(EEZ)の外とみられる。

 韓国軍によると、最大飛距離は約370キロ、高度は約90キロ。一方、防衛省は飛距離350~400キロ、高さ約100キロと発表した。北朝鮮による飛翔体発…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  4. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです