メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリ協定開始直前に…チリCOP25中止 代替立候補なければボン開催も

チリで12月に予定されていた国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の中止を発表するピニェラ大統領(中央)=サンティアゴで30日、AP

 10月30日に南米チリのピニェラ大統領が、12月に予定されていた国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の自国開催中止を発表したことを受け、環境省などは31日、情報収集などに追われた。国連は他国での開催を検討しているが、遅れる見通し。温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」開始を来年1月に控え、直前のCOP25が対策強化への国際的機運を盛り上げる場になると期待されていただけに、関係者に与えた衝撃は大きい。

 COPは1995年以降毎年開催され、190以上の締約国や国際機関、NGOなどが参加する。97年のC…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  4. 用水路の水、ぜんぶ抜こうとしたら…ブラックバス釣り人から抗議殺到 茨城・潮来

  5. テレ東「池の水ぜんぶ抜く」 東日本大震災での護岸崩壊も判明 茨城・潮来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです