メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ストーブ代不支給は違憲」生活保護受給者が札幌市提訴

裁判所=ゲッティ

 壊れた石油ストーブの買い替え費用が生活保護費で認められないのは憲法違反などとして、札幌市白石区の50代男性が29日、不支給を決定した市を相手取り、取り消しを求める行政訴訟を札幌地裁に起こした。原告側代理人によると、訴訟に発展するのは異例で、「健康で文化的な最低限度の生活を保障する憲法25条に反する違法な決定」と訴えている。

 訴状などによると、男性は心筋梗塞(こうそく)や動脈硬化症などを患い、2013年11月から生活保護を…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. 交通安全願い製作 高校生がキーホルダー /三重

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです