障害者の搭乗拒否「人権侵害」 日弁連、シンガポールの航空会社に改善要望

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 電動車椅子を利用する男性を航空機に搭乗させなかったのは人権侵害に当たるとして、日本弁護士連合会は30日、シンガポールの格安航空会社「ジェットスター・アジア航空」に対し、改善措置を講じるよう求めた要望書を公表した。

 日弁連によると、搭乗を拒否されたのは、兵庫県の40代の男性。脳性まひにより自力で歩くことができず、普段から車椅子を利用している。男性は2014年9月10日、「単独でトイレに行けない」…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

あわせて読みたい

注目の特集