メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

袴田事件の冊子作製 法律用語少なめ分かりやすく 弁護団

自宅で完成に近づいた冊子を眺める袴田秀子さん=静岡県浜松市中区で

 1966年に静岡市(旧清水市)で起きた「袴田事件」で死刑が確定し、2014年の静岡地裁の再審開始決定で釈放された袴田巌元被告(83)の弁護団などが、姉の秀子さん(86)や弁護士のインタビューなどをまとめた冊子を作った。裁判に詳しくない人にも分かりやすくしたといい、編集の大部分を担当した支援者の猪野待子さんは「事件を知らない人たちに、手に取ってもらえたらうれしい」としている。【古川幸奈】

 冊子は全79ページ。冒頭は、袴田さんと浜松市の自宅で暮らす秀子さんのインタビュー。釈放後の穏やかな暮らしや、弟に対する思いなどがつづられている。袴田巌死刑囚救援議員連盟の鈴木貴子・衆院議員らのメッセージも掲載した。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです