メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉・志木放火殺人 差し戻し審は無期懲役「残虐な犯行」さいたま地裁判決

裁判所=ゲッティ

[PR]

 2008年に埼玉県志木市の自宅に放火し、妻子を殺害したとして、殺人や現住建造物等放火などの罪に問われ1審で無罪だった山野輝之被告(45)の差し戻し裁判員裁判で、さいたま地裁は31日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。北村和裁判長は「強固な殺意に基づく残虐な犯行だ」と述べた。

     弁護側は公判で「心の病を患っていた妻(当時33歳)が放火した可能性がある」と指摘していたが、判決は精神科医の証言などから否定。山野被告の外出時間と出火時間が近接しており「不倫相手と再婚するために山野被告が放火した」と結論付けた。

     判決によると、山野被告は08年12月3日午前5時ごろ、自宅に放火して妻と娘(当時4歳)を一酸化炭素中毒で死なせるなどした。

     15年の1審・さいたま地裁判決は、燃焼実験などを踏まえて「被告が外出後に出火した可能性がある」と無罪判決を言い渡した。16年の2審・東京高裁判決は、実験が火災を正確に再現していないとして1審判決を破棄し、審理を地裁に差し戻した。被告側は上告したが、最高裁は17年に高裁判決を支持し、差し戻しが確定していた。【鈴木拓也】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

    2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

    3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

    4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

    5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです