メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊国賠訴訟 除斥期間の起算点争点化 原告団が控訴理由書提出

旧優生保護法について国に賠償を求めた訴訟の判決をうけ、「不当判決」と書かれた紙を掲げる弁護士=仙台市青葉区の仙台地裁で2019年5月28日午後3時2分、和田大典撮影

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき不妊手術を強制されたとして、宮城県の60~70代の女性2人が起こした国家賠償請求訴訟で原告団は31日、仙台高裁に民法上の「除斥期間」の起算点を争点化する内容の控訴理由書を提出した。

 5月28日の1審・仙台地裁判決は、旧法が憲法13条を侵害していたと認定したが、2人が手術されてから除斥期間の20年が経…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです