メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英語民間試験 官邸が来年4月開始の延期調整 文科相「身の丈」発言影響

衆院文部科学委員会の冒頭、大学入学共通テストで導入される英語民間試験に関する自身の発言について陳謝し、着席する前に一礼する萩生田光一文部科学相=国会内で2019年10月30日午前9時1分、川田雅浩撮影

 首相官邸は31日、来年度から始まる大学入学共通テストで活用される英語民間試験に関し、来年4月の開始を延期する調整に入った。英語民間試験の活用を巡っては萩生田光一文部科学相が「身の丈に合わせて」などと発言。家庭の経済状況や住む地域による格差の問題に改めて注目が集まっており、受験生や保護者の不安を払拭(ふっしょく)するのは難しいとの判断に傾いている。

 一方、文科省は予定通りに実施すべきだとの立場で、官邸側との間でやり取りが続いている。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

  5. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです