映画

看護師の世界にオマージュをささげたドキュメンタリー「人生、ただいま修行中」 ニコラ・フィリベール監督インタビュー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「人生、ただいま修行中」の一場面(C)Archipel 35, France 3 Cinema, Longride -2018
「人生、ただいま修行中」の一場面(C)Archipel 35, France 3 Cinema, Longride -2018

 40年以上にわたりドキュメンタリー映画を撮り続けてきたフランスの巨匠、ニコラ・フィリベール監督(68)による、看護学生の日々奮闘する姿をカメラに収めた新作「人生、ただいま修行中」(2018年)が、11月1日に公開される。「厳しく責任のある仕事であるにもかかわらず正当に評価されていない。看護師の皆さんに敬意を表す、オマージュとなるような映画を作りたかった」。16年に肺塞栓(そくせん)症で入院生活を送ったフィリベール監督は明かす。【西田佐保子】

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文1925文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集