メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

乙武洋匡さん、「ロボット義足」に挑戦 元「聖人君子」の「四肢奮迅」

 あの乙武洋匡さん(43)が義足歩行に挑戦している。これまで電動車いすを自在に使いこなしてきたから、いまさら義足なんてと敬遠していた。だが、自ら招いたスキャンダルで猛バッシングを受け、もんもんとしていたある日、変わった。歩こう、2本足で歩こう、と決意した。なぜ? 苦悩と歓喜の中間報告「四肢奮迅」(講談社)を刊行したばかりの乙武さんに聞いた。【鈴木琢磨、写真・内藤絵美】

 右、左、右、左。数センチずつ足を繰り出していく。片足で4キロを超える義足をはめている。ゆがむ顔。フー、フー。やじろべえみたいに義手でバランスをとる。右、左、右、左。ぐっとこらえる。揺れが大きくなる。5メートルほど進み、つんのめった。悔しそうな顔。もはやこれまでかと思ったら、起き上がった。ままならぬ下半身にいら立ちながらUターンし、右、左、右、左。そして力尽き、前のめりにバタッと。ハー、ハー。歩い…

この記事は有料記事です。

残り2973文字(全文3358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです