メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仙台市、3事業所処分 障害福祉 計1700万円不正受領 /宮城

 仙台市は31日付で、障害福祉サービス2事業者を指定取り消しに、1事業者を3カ月間新規受け入れ停止にする行政処分を科した。不正受領は計約1700万円に上り、市は今後、これに障害者総合支援法に基づく加算金40%を上乗せした額の返還を求める。

 不正があったのは、株式会社スプリント(名取市)運営の「スプリント花京院センター」(仙台市青葉区花京院2)▽一般社団法人TSUGUMI(同市太白区青山2)運営の「グループホームぴねの森」(同)▽フロンティアリンク株式会社(東京都中央区)運営の「フロンティアリンク仙台キャリアセンター」(仙台市青葉区本町1)――の3事業所。スプリントとTSUGUMIの事業所を指定取り消しに、フロンティアリンクの事業所を3カ月新規受け入れ停止とした…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです