メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三田市、テレワーク試行開始 来年度導入に向け 職員、月1回は在宅勤務 /兵庫

 三田市は、職員が自宅などで働く在宅勤務の「テレワーク」を1日から試行する。来年1月末までの3カ月間で勤務条件のルールや使いやすいネットワーク環境などの検証を進め、来年度中に本格導入する。

 市は2017年度から働き方改革を進めており、時差出勤制度などを導入。育児・介護と仕事の両立や移動先でも効率的に仕事ができるよう、場所や時間にとらわれないテレワークを進める。

 試行では、三田市民病院の医師や看護師らの医療関係者、消防、水道の交代制勤務職員などを除く正規職員が…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 奈良・橿原の殺人・放火 不明の男性が事件後、福岡のネットカフェに?

  5. 子供らに「補助犬知って」 シンシア主人公の紙芝居も 兵庫・宝塚でシンポジウム

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです