メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三田市、テレワーク試行開始 来年度導入に向け 職員、月1回は在宅勤務 /兵庫

 三田市は、職員が自宅などで働く在宅勤務の「テレワーク」を1日から試行する。来年1月末までの3カ月間で勤務条件のルールや使いやすいネットワーク環境などの検証を進め、来年度中に本格導入する。

 市は2017年度から働き方改革を進めており、時差出勤制度などを導入。育児・介護と仕事の両立や移動先でも効率的に仕事ができるよう、場所や時間にとらわれないテレワークを進める。

 試行では、三田市民病院の医師や看護師らの医療関係者、消防、水道の交代制勤務職員などを除く正規職員が対象。勤務時間は通常と同じ午前9時~午後5時半。前日までに所属長の承認を得ることが必要で、試行中に月1回はテレワークをするよう呼びかける。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです