バレーで地域活性化 加西市、ヴィクトリーナと協定 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
締結式で西村和平・加西市長(右)にサインボールを手渡す姫路ヴィクトリーナの眞鍋政義オーナー=加西市役所で、広田正人撮影
締結式で西村和平・加西市長(右)にサインボールを手渡す姫路ヴィクトリーナの眞鍋政義オーナー=加西市役所で、広田正人撮影

 加西市と女子プロバレーボールチーム「ヴィクトリーナ姫路」が31日、包括連携・支援協力に関する協定を結んだ。市は試合に応援団を派遣したり、広報を手伝ったりするほか、バレー教室や講演会などの地域貢献活動を支援。チームは市民の健康増進と地域活性化を図るため、イベントへのブース出店や選手交流会を開く。

 両者は2017年度からの連携事業で、竹…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文408文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集