特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

東電原発事故、無罪判決 強制起訴制度の定着を=巽賢司(東京社会部)

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「全員無罪 不当判決」と書かれた紙を掲げる福島原発告訴団の関係者=東京都千代田区の東京地裁前で9月19日午後1時23分、宮間俊樹撮影
「全員無罪 不当判決」と書かれた紙を掲げる福島原発告訴団の関係者=東京都千代田区の東京地裁前で9月19日午後1時23分、宮間俊樹撮影

 2011年3月の東京電力福島第1原発事故を巡って、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電の旧経営陣3人に対し、東京地裁は9月、いずれも無罪を言い渡した。強制起訴された事件では、これまで無罪判決が相次ぎ、制度の不公平、不透明感が指摘されている。「市民による起訴」の意義が社会で広く受け入れられるよう改善を加え、これからも事例を積み上げていくべきだと感じている。

この記事は有料記事です。

残り1840文字(全文2020文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集