メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP25チリ中止 「パリ協定、機運くじく」 関係者に衝撃

 10月30日に南米チリのピニェラ大統領が、12月に予定されていた国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の自国開催中止を発表したことを受け、環境省などは31日、情報収集に追われた。国連は他国での開催を検討しているが、遅れる見通し。温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」開始を来年1月に控え、直前のCOP25が対策強化への国際的機運を盛り上げる場になると期待されていただけに、関係者に与えた衝撃は大きい。

 COPは1995年以降毎年開催され、190以上の締約国や国際機関、NGOなどが参加する。97年のC…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです