メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護崩壊

2040年への序章/1 「孤独死社会」生む老老格差

介護付き有料老人ホームで暮らすサトシさん(仮名)。入所して2年、認知症が進んでいる=名古屋市で

 高齢化で介護や医療インフラが圧倒的に足りなくなりつつある。家族介護に逆戻りしかねない「超介護危機」がすぐそこに迫っている。人口は減り、国の財政がさらに悪化し、年金不安が増すなか、最悪のシナリオの主役は高齢者だけでなく国民全員だ。2040年に向かって何が起ころうとしているのか。

 ●施設費用月27万円

 年を取って施設に入るとき、費用がいくら必要なのか。名古屋市のサトシさん(80)=仮名=の例を紹介する。

 2年前に血管の難病を患い、認知症が進行したため市内の介護付き有料老人ホームに入居した。今は症状がさらに進み、自分で歩くこともトイレに行くこともできない。日常生活のほとんどを施設職員の介助に頼っている。

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1512文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アフガン撤収7年 豪軍39人殺害、徹底捜査 政府、独立機関を設置

  2. 新型コロナ PCR検査拒否に罰則 都民フ、条例案提出へ

  3. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです