メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護崩壊

2040年への序章/1 「孤独死社会」生む老老格差

介護付き有料老人ホームで暮らすサトシさん(仮名)。入所して2年、認知症が進んでいる=名古屋市で

 高齢化で介護や医療インフラが圧倒的に足りなくなりつつある。家族介護に逆戻りしかねない「超介護危機」がすぐそこに迫っている。人口は減り、国の財政がさらに悪化し、年金不安が増すなか、最悪のシナリオの主役は高齢者だけでなく国民全員だ。2040年に向かって何が起ころうとしているのか。

 ●施設費用月27万円

 年を取って施設に入るとき、費用がいくら必要なのか。名古屋市のサトシさん(80)=仮名=の例を紹介する。

 2年前に血管の難病を患い、認知症が進行したため市内の介護付き有料老人ホームに入居した。今は症状がさらに進み、自分で歩くこともトイレに行くこともできない。日常生活のほとんどを施設職員の介助に頼っている。

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1512文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです