特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

介護崩壊

2040年への序章/1 「孤独死社会」生む老老格差

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
介護付き有料老人ホームで暮らすサトシさん(仮名)。入所して2年、認知症が進んでいる=名古屋市で
介護付き有料老人ホームで暮らすサトシさん(仮名)。入所して2年、認知症が進んでいる=名古屋市で

 高齢化で介護や医療インフラが圧倒的に足りなくなりつつある。家族介護に逆戻りしかねない「超介護危機」がすぐそこに迫っている。人口は減り、国の財政がさらに悪化し、年金不安が増すなか、最悪のシナリオの主役は高齢者だけでなく国民全員だ。2040年に向かって何が起ころうとしているのか。

 ●施設費用月27万円

 年を取って施設に入るとき、費用がいくら必要なのか。名古屋市のサトシさん(80)=仮名=の例を紹介する。

 2年前に血管の難病を患い、認知症が進行したため市内の介護付き有料老人ホームに入居した。今は症状がさらに進み、自分で歩くこともトイレに行くこともできない。日常生活のほとんどを施設職員の介助に頼っている。

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1512文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集