メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおか探索

北九州市門司区の関門海峡ミュージアム 館内はクルーズ船 巨大スクリーンで歴史や体験楽しんで

門司港岸壁にある関門海峡ミュージアム

 9月21日に新装オープンした北九州市門司区の関門海峡ミュージアム。10月の1カ月間の入場者数は7万人が見込まれている。昨年10月の実績が4万2000人だったから大幅増だ。人気の秘密を探りに行った。【堀信一郎】

 ミュージアムの松瀬直人マネジャー(57)は、建物(5階建て)の4階部分の改装がうまくいったことを人気の理由にあげた。「クルーズ船に乗り込む直前のワクワクした雰囲気を出しました」

 まず、1階に入るとクルーズ船が横付けにされたような絵が広がる。次にエレベーターで4階に上がると眼前に関門海峡が広がる。床はフローリング。ゆったりとした空間にソファとテーブルが並んでいる。お茶もできる。高級ホテルのロビーのようだ。大型客船のデッキをイメージしたという。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです