メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決
東海キャンパる

ボランティアの魅力って?

メーグルに乗車し、観光客にガイドする青山巧実さん=名古屋市内で

 公的なイベントをはじめ、さまざまな活動を陰で支えるボランティア。近年、参加する学生も増えてきたが、一体どんなことをしているのだろう? 裏方として活躍する大学生たちに、魅力や課題も含めて聞いてみた。(取材=名古屋市立大・足立結、名古屋大・坂口和香奈、愛知大・永原尚大)

英語試せる機会 国際交流できた ラグビーW杯

 中京大2年、坂井志織さん(20) ラグビー・ワールドカップ(W杯)で道案内を担当しました。名古屋駅に待機し、豊田スタジアムを目指す観戦者に行き方を教えたり、宿泊ホテルに近い出口を探したり。以前から国際交流できる活動をしたかったのと、英語を試せる良い機会でもあったので応募しました。

 振り返ると、一番の収穫は同じボランティアとの出会いでした。「おもてなしをしよう」という共通の目的の下、年齢も国籍も違う人たちが集まる中に身を投じ、多くの刺激を受けることができました。W杯を通じて日本のラグビー人気が高まっていく空気や、海外からのお客さんの熱量を間近で感じられたのも良かったです。

この記事は有料記事です。

残り3256文字(全文3701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです