メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海キャンパる

ボランティアの魅力って?

メーグルに乗車し、観光客にガイドする青山巧実さん=名古屋市内で

 公的なイベントをはじめ、さまざまな活動を陰で支えるボランティア。近年、参加する学生も増えてきたが、一体どんなことをしているのだろう? 裏方として活躍する大学生たちに、魅力や課題も含めて聞いてみた。(取材=名古屋市立大・足立結、名古屋大・坂口和香奈、愛知大・永原尚大)

英語試せる機会 国際交流できた ラグビーW杯

 中京大2年、坂井志織さん(20) ラグビー・ワールドカップ(W杯)で道案内を担当しました。名古屋駅に待機し、豊田スタジアムを目指す観戦者に行き方を教えたり、宿泊ホテルに近い出口を探したり。以前から国際交流できる活動をしたかったのと、英語を試せる良い機会でもあったので応募しました。

 振り返ると、一番の収穫は同じボランティアとの出会いでした。「おもてなしをしよう」という共通の目的の…

この記事は有料記事です。

残り3354文字(全文3701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです