メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「セクシー」「幽霊」「セクハラ罪」…珍閣議決定が続出するわけ

「セクシーは魅力的といった意味もある」と閣議決定された答弁書=2019年10月31日、江畑佳明撮影

 「『セクシー』には魅力的という意味がある」。政府が、こんな「珍」答弁書を閣議決定した。9月に米国で開かれた気候行動サミットでの小泉進次郎環境相の例の発言に関するものだが、なぜこんなことを閣議で決めなければならないのだろうか。過去にも変な閣議決定はいくつもある。背景を探った。【江畑佳明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2611文字(全文2768文字)

江畑佳明

大阪府寝屋川市生まれ。1999年入社。山形支局を振り出しに、千葉支局、大阪社会部、東京社会部、夕刊編集部、秋田支局次長を経て、2018年秋から統合デジタル取材センター。興味があるのは政治、憲法、平和、ジェンダー、芸能など。週末は長男の少年野球チームの練習を手伝う。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです