メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

郵便局幹部の切手着服「なぜ自ら公表しなかったのか」、日本郵便に行政指導 総務省 

高市早苗総務相=根岸基弘撮影

 高市早苗総務相は1日の閣議後記者会見で、東京都の郵便局幹部2人が大量の切手を着服した問題について、日本郵便を行政指導したと明らかにした。2人の懲戒処分を非公表とした同社の対応を問題視した。高市氏は「なぜ自ら速やかに公表しなかったのか。かんぽ生命保険の不適正募集などが発生する中、郵政事業全体に対する国民の信頼確保に全力で取り組…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです