メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふるさと納税 返礼に芸人派遣 福岡・太宰府市

「健康になる笑いを届けたい」と話す小ノ上マン太朗さん(右)。左は楠田大蔵市長

 福岡県太宰府市は31日、ふるさと納税の返礼としてNPO法人博多笑い塾(中央区)の芸人を市内の個人宅などに派遣する事業を11月中に始めると発表した。市は「全国初の試み」としている。

 博多笑い塾は「笑いの健康」をテーマに笑いの医学的効用を研究、実践する団体。楽器演奏や歌謡、舞踊、話芸、マジックなどさまざまなジャンルの10~96歳の芸人約60人が所属し、芸を披露し合う笑演会や出前公演…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 今週のNHK連続テレビ小説 おちょやん

  4. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです