メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明浄学院不正 元理事長が資金移動に同席 21億円の送金先を指示

明浄学院を巡る資金の流れ

 学校法人「明浄学院」(大阪府熊取町)で、土地売却の手付金21億円が所在不明になるなどした巨額横領事件で、21億円が元理事長の女性(61)の関係先に移される際、元理事長自らが銀行で同席し、送金先を指示していたことが、関係者への取材で判明した。21億円は、短期間で資金移動が繰り返されていた。送金に関わった関係者は「元理事長に頼まれた。マネーロンダリング(資金洗浄)のようだった」と明かし、過去にも億単位の資金移動を手伝ったと証言。大阪地検特捜部は不透明な資金操作の全容解明を急ぐ。

 法人は、運営する明浄学院高校(大阪市阿倍野区)の校舎建て替えのため、土地の一部(約7300平方メー…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 横浜F・マリノスが15年ぶりJ1制覇 FC東京降す

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  5. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです