奈良の町議またもヘイト投稿 昨年引責辞職、今度は辞めない意向

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
安堵町役場=2019年11月1日午後2時9分、熊谷仁志撮影
安堵町役場=2019年11月1日午後2時9分、熊谷仁志撮影

 奈良県安堵町の増井敬史町議(61)が8~10月、フェイスブックに、韓国人と性犯罪を結びつけるなどの差別的な書き込みをしていたことが明らかになった。昨年1月にも書き込みが問題になって辞職し、今年4月の町議選で再選したばかり。県民から指摘を受けて町議会の森田瞳議長らが増井議員から話を聞き、10月末にフェイスブックのアカウントを削除させた。

 増井町議によると、8月17日に「韓国の強姦(ごうかん)と売春の文化は世界中で既に有名ですね」と投稿するなど、フェイスブックに数回にわたって差別的な書き込みをした。昨年1月には、特定の国会議員を在日コリアンと決めつけて「股裂きの刑にしてやりたい」などと自身のフェイスブックに書き込み、ヘイトスピーチに当たると批判を浴びて辞職した。

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文458文字)

あわせて読みたい

注目の特集