メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「人の住むところじゃない」 災害ごみ処理追いつかず、県道沿いに100メートル超 福島・郡山

[PR]

県道沿いにある民家前の歩道に積み上げられた災害ごみ。処理のめどが立っていない=福島県郡山市水門町で2019年10月30日午前10時58分、梅村直承撮影

 台風19号による阿武隈川の氾濫で大きな被害を受けた福島県郡山市水門町の県道65号沿いに、災害ごみが100メートル以上にわたって積まれている。浸水した周辺民家から出された家財などが被災直後から置かれたまま回収されず、住民から早期の撤去を求める声が上がっている。

 郡山市は2カ所あるごみ処理施設のうち「富久山クリーンセンター」が被災。市内の処理能力が半分に落ち込んでいるため、仮置き場の膨大な災害ごみだけでなく、一般ごみの処理も追いつかない深刻な事態に陥っている。10月23日から災害派遣の陸上自衛隊も同町周辺でごみを撤去しているが、仕分けに時間がかかるため作業を終えるめどは立っていない。

 1階が被災し2階で生活する脇田文雄さん(79)の自宅は、庭が災害ごみで埋まり歩道にまであふれている。「日がたって、臭いが出てきた。人の住むところじゃない」と肩を落とす。市は処理能力に余裕のある近隣自治体の協力を得て、処理を急ぐ方針だ。【梅村直承】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 19日開幕に影響懸念

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです