また兵庫で教員いじめ 「1回死んでこい」暴言受け講師退職

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小学校教員による暴言などについて陳謝する中川靖敏・姫路市教育委員会学校教育部長(左)ら=同市役所で2019年11月1日午後2時39分、広田正人撮影
小学校教員による暴言などについて陳謝する中川靖敏・姫路市教育委員会学校教育部長(左)ら=同市役所で2019年11月1日午後2時39分、広田正人撮影

 兵庫県姫路市の市立小学校で2017年夏、20歳代の男性臨時講師が先輩教諭2人から「死ね」などの暴言や暴行を受け退職した、と市教育委員会が明らかにした。直後に学校側が事態を把握し、先輩教員が謝罪したが、市教委は詳細な調査をしていなかった。今後、当事者から詳しい聞き取り調査をする。

 市教委によると、問題の小学校の若手教員7人が17年8月下旬に会食した際、30歳代の男性教諭が講師に「1回死んでこい」などと…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

あわせて読みたい

注目の特集