レジ袋有料義務化、来年7月実施へ すべての小売店対象 有識者会議、制度案を了承

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
環境省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
環境省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 プラスチック製レジ袋の有料化を議論する政府の有識者会議が1日開かれ、経済産業省と環境省が示した制度案を了承した。両省は国民への意見公募を経て、年内にも容器包装リサイクル法の省令を改正。来年7月1日からスーパーやコンビニエンスストアなど全国すべての小売店を対象に、原則有料化を義務付ける。

 制度案によると、プラ製レジ袋を「消費者が商品の購入に際し商品を持ち運ぶために用いる、化石資源由来のワンウエー(使い捨て)のプラスチック製買い物袋」と定義。レジ袋を扱う小売店は事業規模にか…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

あわせて読みたい

注目の特集