メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

札幌で五輪マラソン「合意無き決定だ」 小池知事、負担なし前提に受け入れ

 2020年東京五輪の暑さ対策としてマラソンと競歩の開催地を札幌市に変更する国際オリンピック委員会(IOC)の計画を巡り、IOC、東京都、大会組織委員会、国が「4者協議」に臨んだ。東京都の小池百合子知事は「あえて申し上げるならば、合意無き決定だ」と述べ、東京都が会場変更に伴う費用を負担しないことなどを前提に札幌案を受け入れる意向を表明した。

 冒頭、IOCのジョン・コーツ調整委員長が「会場変更の権限はIOCにある。マラソン・競歩の会場で発生する経費は東京都に負担させない。東京都、組織委が支出したマラソン・競歩に関連する経費については、精査・検証の上で東京都が別のものに活用できなければ東京に負担させない。マラソン・競歩以外について今後、会場変更はしない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです